「あなたは変わることができる」と「歴史の終わり幻想」

「あなたは変わることができる」と「歴史の終わり幻想」

コロナ禍と言われるようになり、はや一年以上過ぎましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
気分が塞いだり、いろいろと悩み事が増えて不安になる方もたくさんおられると思います。
そこで、今日は「人が幸福に生きるため」にヒントになるようなお話をしていきたいと思います。

 

10年後、あなたの性格は変わっていますか?

「10年後、あなたの性格は変わっていますか?」この質問を30代、40代の人々にアンケートを行うと、ほとんどの人が「変わらない・あまり変わらない」と答えているそうです。
しかしながら「10年前とあなたの性格は変わりましたか?」と問いには、ほとんどの人が「変わった」と答えているそうです。
これはどういうことかといいますと、人は年を取れば取るほど、自分の性格が将来変わるかもしれないことを認めない傾向にあるということです。そして現在の自分が完成された性格だとと思っています。若い人たちでも、現在の自分たちの性格は過去の自分より優れていると考える傾向があります。

研究者たちはこの現象を、「歴史の終わり幻想」と呼んでいます。

また、人は日々変化するかもしれない未来を仮定することがなかなかできません。そしてこれからさらに変化していくことを想像しがたいのです。

しかしながら、過去を振り返った時、人は「あの時、自分はなんて未熟だったのだろう」や「もっとこのように対処していればよかった」「今の自分ならこういう言動はしていなかった」など、過去の自分の性格や思想においては、変化を認め後悔や反省など様々に考えを巡らせることができます。
このことを逆手に取ると、10年後はさらに、進化した自分にめぐりあえるということにほかなりません。

 

10年後、私たちはどのような性格になっているのでしょうか?

より進化した自分に出会えるかも?

このように希望をもってすごすことで、
今のような悩みが消え、より深い精神世界を築いているかもしれません。

2021.4.5