カテゴリーアーカイブ ワンダーフレンズについて

【ワンダーフレンズ 金沢】事業所新規OPEN!

見学・体験は無料です!※見学・体験は予約制となります。

2021年11月1日より、新しく「ワンダーフレンズながい」が開所します。就労継続支援B型事業所になります。改装したばかりの、きれいな環境で気持ちよく働くことができます♪ぜひ、見学に来てください!
 
 

【 建物外観・周辺の環境 】

石川県金沢市の犀川近くにある清潔感のある事務所です♪
犀川は明治時代から昭和初期にかけて活躍した詩人、室生犀星の生まれ故郷の川としても有名です。
事務所にこられた時は、散歩してみてもいいかもしれませんね♪

*内装はただいま工事中です!完成したら写真をアップしますので、乞うご期待!

【ワンダーフレンズ ながい】事業所新規OPEN!

見学・体験は無料です!※見学・体験は予約制となります。

2021年9月1日より、新しく「ワンダーフレンズながい」が開所しました。就労継続支援B型事業所になります。改装したばかりの、きれいな環境で気持ちよく働くことができます♪ぜひ、見学に来てください!
 
 

【 内装・部屋のご案内 】

清潔感のある事務所です♪

 

【 キッチンのご案内 】

広々とした本格的なキッチン設備を用意してます♪最新の急速冷凍設備で様々な冷凍食品の生産を行っています!

 

【 畑のご案内 】

事務所の近隣にマイファームがあります。収穫や栽培を楽しみながら、就労のお手伝いをします!

8月7日に男性スタッフ数名で長居のワンダーファームにお邪魔しました!
初の畑作業のスタッフも居ましたが、猛暑の中、朝早くから作業頑張りました└( ‘ω’)┘
次はどんな野菜が育つのか楽しみにしていて下さいね^^

【ワンダーフレンズ】LINE窓口開設しました!

ワンダーフレンズLINE公式アカウントのお知らせ

LINE公式アカウントとは、企業やお店などが、登録したアカウントのことです!
友達登録するだけで匿名で、ワンダーフレンズの情報やお知らせなどをお届けします!


 

利用内容のご案内

  • 事業所情報がわかる24時間AIロボット対応
  • 1対1の個別トークで気軽に相談ができる(10時〜17時)
  • くまくまオリジナルおみくじや今日の一言が楽しめる!
  • 求人の紹介や見学予約
  • 各事業所の行き方案内
  • Q&Aなどその他いろいろ…

 

友達登録の方法①


 

友達登録の方法②

ワンダーフレンズたによん【eスポーツ専用ブースを拡張しました!】

 ワンダーフレンズたによんでは、「50インチモニター対戦席」、「個人ブース席ゲーム機」の設備を用意しておりますが、今回さらに「個人ブース席ゲーム機」を10台追加し、現在15台になりました!
 コロナ禍で、予定変更がされるかもしれませんが、6月に大会があるなどイベントに参加してまいります。応援だけしたい方、脳のトレーニングをかねてお試しの方も大歓迎!
興味のある方はぜひお問い合わせください!

eスポーツについて

何度か取り上げてまいりましたが、ステイホームやオンライン対戦などネット環境の普及もあり、認知度も高まってまいりました。
近年では、eスポーツ専門の学校やスクールにeスポーツコースが設けられたり、東京タワーにてeスポーツ関連施設がオープン予定など(今年冬)するなど、ジャンルとしての認知も広まりをみせています。

 利用されている方の中には、eスポーツを通して感情表現やコミュニケーションが取れるようになった、通所する楽しみが増えたなどのご意見をいただいております。障がい者の社会参加と個人の感性・能力を発揮できるサポートおこなっていきます。

 
eスポーツについて過去のブログにも掲載しています!

eスポーツ大会懇親会おこないました!
e-sportsメンバー募集!
「第2回大阪障がい者e-sports大会 アワハウスカップ」に参加しました!
eスポーツ大会の選手募集!

 
2021.4.12

抗菌コーティングの 施工をしています!

先日、大阪市内にある幼稚園を施工させていただきました。子どもが使うものなので、菌がつかないよう、ご飯を食べるテーブルからパーティション、階段等の手すりなど、しっかり念入りにコーティングさせていただきました。
コロナウィルス対策のお役に立てれば幸いです!
 

 

*もちろん、ワンダーフレンズ全事業所も抗菌コーティングを行っています!

ワンダーフレンズの取り組み

  1. 事業所まるごと抗菌コーティング
  2. スタッフ全員抗体検査
  3. 朝・昼・夕の除菌、チェックシートの記入
  4. 出入り口に除菌スプレーの設置
  5. 30分ごとの換気
  6. 飛沫防止パネルの設置
  7. 全員マスク着用の徹底

 

eスポーツ大会懇親会おこないました!

3月27日(土)に「eスポーツ大会懇親会」を行いました。
 

“eスポーツ”とは、“electronic sports”の略語で、コンピューターゲーム、ビデオゲームでの対戦や競技をすることで、全世界で3億人程のプレイヤーや観戦者がいると言われています。
eスポーツは、障がいに関係なく自分も周りの人も夢中にさせる競技であり、eスポーツを通して、ともに人間関係を自然と身につけることが出来るものです。
「eスポーツ懇親会」では、ワンダーフレンズから参加された方々の健闘をたたえ合いました!また、eスポーツ体験会や昔の遊び大会も同時に行い、大いに盛り上がりました。

 
その中でも、輪投げやコイン落としゲーム、かたぬきでは、みなさん笑いながら一生懸命遊んでおり、とても楽しそうでした。
次回の大会は5月か6月に開催される予定とのことで、ワンダーフレンズたによんでは、eスポーツ専用のスペースも用意しています。参加してみたい方はぜひワンダーフレンズに来てください。
 

eスポーツ大会懇親会ダイジェスト PHOTOGRAPHY

おいしそう~
表彰状授与★
みんなで集中

コイン落とし
みんなでファイト!
定番サッカーゲーム

昔なつかしかたぬき
わなげ1
わなげ2

 ワンダーフレンズではeスポーツを通して感情表現やコミュニケーションが取れるようになった、通所する楽しみが増えたなど、障がい者の社会参加と個人の感性・能力を発揮できるサポートをしています。
 
eスポーツについて過去のブログにも掲載しています!
e-sportsメンバー募集!
「第2回大阪障がい者e-sports大会 アワハウスカップ」に参加しました!
eスポーツ大会の選手募集!

【災害に備える】ローリングストック法のススメ

2011年3月11日に発生した「東日本大震災」は、津波や原発事故など、かつてない被害をもたらしました。
今年で10年を経ようとする今も、多くの被災者やご遺族らの生活や心に深いダメージを与え続けています。
また、現在も地震が多く観測されています。また「南海トラフ」を始めとした、大地震や津波などの災害が懸念されています。
日本は地震の他にも津波や台風、大雨や火山の噴火など、自然災害の多い国です。
 
「備えあれば憂いなし(そなえあればうれいなし)」と昔より言われていますが、改めて自分の身の回りの食料品の確保など「備え」を見直しをすることが大切ではないでしょうか?

今回は「ローリングストック法(循環備蓄)」についてご紹介します!
 

ローリングストック法とは?

ローリングストック法は、言葉のとおり、ストック(備蓄)をローリング(回転)することです。
普段の買い物より、少し多めに買い物しストックに回す方法です。古いものから順番に消費しながら、底をつかないように買い足していく方法です。

災害が起こると食料や水の確保が大切です。しかしストックの必要性を感じていても、実際に非常食を備蓄しておくことはなかなか難しいものですね。
災害時に役立つと言われている保存食も、何がどれくらいあるのかということを定期的に確認したり、食べ方を知っておかなければ、いざという時に賞味期限が切れていたり、温めなければ食べられないなどの可能性もあるかもしれません。
普段使いしている食品なら、食べ方も迷わず、食べ慣れているので安心感があります。

この方法なら、ライフラインがストップしても、長期間外に出られないなど、買い足しができない状況が続いても、いつでもストックがあるので心強いですね。
 

ローリングストックに向いている食品

  • パックご飯
  • カップ麺
  • 乾麺(パスタなど)
  • おかゆ
  • シリアルや栄養補助食品みたいなもの
  • レトルトカレー
  • 缶詰(ツナ・サバ・サンマ・焼き鳥など)
  • 乾物(にぼしなど)
  • 野菜ジュース
  • 大豆など豆類の缶詰やパウチ
  • トマト缶・トマトパック
  • 日持ちのする野菜・果物
  • 乾物(切干大根、干ししいたけなど)
  • おやつなどの甘いもの・好きなもの
  • インスタント味噌汁・粉末スープ
  • 調味料(砂糖、塩、醤油、油など)、ふりかけ

またライフラインがストップしている時でも調理できるように「カセットコンロ」を用意しておくと良いでしょう。

 

ローリングストックできる食品以外のもの

  • ティッシュペーパー
  • トイレットペーパー
  • ウエットティッシュ
  • 電池
  • ジップロック
  • サランラップ
  • アルミホイル
  • 割り箸
  • 紙コップ
  • 紙皿

ちなみキッチンばさみはまな板を使わずに調理ができるので、便利なアイテムです。

 
農林水産省のサイトに詳細が載っています!
ローリングストック – 農林水産省
 
最後に、ストック以外にも、避難場所の確認や防災バッグの見直しなどを行う時間をつくってみてはいかがでしょうか?

 
2021.3.16

ワンダーフレンズオリジナルウェアを作りました!

こんにちは!就労継続支援B型事業所のワンダーフレンズです。

この度ワンダーフレンズでは、eスポーツ大会やイベント時に着用するため、ロゴ入りオリジナルウェアを制作しました!制作するにあたりメンバーさんと一緒にプリント加工体験に行って参りました。初めて見る機械でのプリント作業に皆さん興味津々のご様子でした。実際に印刷作業を体験すると難しさを実感されていましたが、徐々にコツを掴んできたメンバーさんもおられ、最後まで集中して積極的に取り組まれていた姿が印象的でした(^_^)

 

制作風景

参加されたメンバーさんと感想です♪

 

  • 先日行ったシルク印刷体験は正直とても疲れました。なぜかと言うと、ひとつひとつ印刷するごとに、とても緊張したからです。でも以前に印刷会社で働いていた時のことを思い出し、なつかしい気持ちで楽しく取り組めました。
  • みんなと電車で行けてすごく楽しかった。みんなでごはんおいしかった。またみんなでイベントに行きたい。
  • 印刷の会社に見学に行きました。社員さんがとても優しくて、はじめはすごい緊張してたけど、優しかったからとても作業がしやすかったです。私たちのためにしやすい環境を作ってくれたことが、とても感動しました。また色々な会社にも見学に行きたいし、経験もしたいと思いました。色々勉強したいです。
  • 印刷体験は楽しかったですが、自分にはインクを拭き取る液体のにおいがきつくて、少し気分が悪くなりました。でも普段できないことをしたので、良い体験をしました。

 
2021.3.19

「第2回大阪障がい者e-sports大会 アワハウスカップ」に参加しました!

2月27日に開催された日本障がい者eSports協会主催「第2回大阪障がい者e-sports大会 アワハウスカップ」に参加しました。e-スポーツは障がいの有無関係なく、自分も周りの人も夢中にさせる競技であり、e-スポーツを通して、ともに人間関係を自然と身に着けることが出来るものです。種目は「ぷよぷよ」と「ウイニング・イレブン」で1対1のオンライン対戦で行われました。ワンダーフレンズからも6名参加し、ウイニングイレブンというサッカーゲームでみごと優勝しました。白熱した試合に、応援している方も一緒に盛り上がりました。
大会中、主催者より2021年5月か6月に「第3回大阪障がい者e-スポーツ大会 アワハウスカップ」が開催される予定とのお知らせがありました。ワンダーフレンズたによんでは、e-スポーツ専用のスペースも用意していますので、次の大会に参加してみたい方は、ぜひワンダーフレンズへ来てください!

なぜ種目は「ぷよぷよ」と「ウイニング・イレブン」なのでしょうか?

2018年にインドネシアで開催されたアジア競技大会で日本人が優勝したタイトルが「ウイニング・イレブン(サッカーゲーム)」です。
「ウイニング・イレブン」はサッカーのルールと知識が必要なので初心者には少しハードルが高いのですが、「ぷよぷよ」は上から落ちてくるパズルを4つ揃えるという単純なものであり初心者でもわかりやすいゲームです。
2タイトルとも日本で開発されたゲームなので一般にも普及しており、ゲームをする方なら馴染み深いタイトルと言えます。

*「e-sports」の詳細は、2021.1.20の記事「e-sportsメンバー募集!」をご覧ください!

ワンダーフレンズではeスポーツを通して感情表現やコミュニケーションが取れるようになった、通所する楽しみが増えたなど、障がい者の社会参加と個人の感性・能力を発揮できるサポートをしています。

 

対戦風景

 

2021.3.2

e-sportsメンバー募集!

昨年12月16日に大会のメンバー募集のブログでeスポーツ大会の選手募集!のお知らせをしましたが、
今回は、より詳しくお知らせしたいと思います!
 

ワンダーフレンズでは、ただ今「e-sports」に力を入れております!

ワンダーフレンズでは2021三重国体「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2021三重」を目指して、交流戦やプロの選手を講師に迎えての練習をするなど、ウイニングイレブン」ぷよぷよeスポーツに力を入れています。個人ブース席ゲーム機・50インチモニター対戦席も充実しています。

「e-sports」とは?

「e-sports」とはエレクトロニックスポーツ(electronic sports)の略省で、ゲームに必要な「反射神経」や「判断力」「戦略を練る」「チームワーク」などをスポーツととらえ、競技化したものです。
「e-sports」は単純なゲームではなく競技ゲームなので、脳の活動にポジティブな影響を与えたり、相手の心理を読み駆け引きが上手くなるといった効果もあります!
 

「e-sports」のメリット

ワンダーフレンズでは「e-sports」を通して感情表現やコミュニケーションが取れるようになった、通所する楽しみが増えたなど、障がい者の社会参加と個人の感性・能力を発揮できるサポートをしています。

  • 認知症の予防
  • 思考力の向上
  • コミュニケーション能力や問題解決能力の向上
  • 自己効力感の向上

 

2020当事業所実績

゚・:,。゚・:,。★゚第1回 障がい者eスポーツ大会アワハウスカップ゚ (個人の部) 優勝1名・理事長賞1名★゚・:,。゚・:,。

「e-sports」概要

  • 世界の競技人口は約1億人以上(観戦視聴者3億8000万人)
  • 日本の競技人口は390万人(観戦視聴者60万人)
  • 種目としてはシューティングゲーム・対戦格闘ゲーム・スポーツゲーム・レースゲーム・カードゲーム・パズルゲームなどがある。
  • e-sportsに関わる仕事としては、プロゲーマー・ゲーム実況者・解説者・イベント運営者などがあり、プロゲーマーは数万~数億(※海外の場合)という対戦賞金のほか、You Tubeの実況配信や再生回数で収入を得たり、練習や講師など多方面で仕事がある。
  • e-sportsは2024年開催予定のパリ・オリンピックに有望な競技としても浮上している。競技人口は世界の100カ国以上に1億人以上が存在し、ゴルフの6500万人、野球の3500万人を大幅に上回り、遊戯、運動、闘争というスポーツの要件も満足しているからだ。
  • 2018年にインドネシアで開催されたアジア競技大会では参考競技として6種類のゲームが実施され、2022年は中国の杭州でアジア競技大会が開催される。杭州はeスポーツを都市産業とする構想を立案して、都心に専用スタジアムも建設、正式種目を目指している。
  • 日本でも2019全国初となる都道府県対抗「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019IBARAKI」茨城国体が開催、2020には鹿児島国体が開催された。
  • 「第1回障害者eスポーツ大会2019GUNMA」では優勝賞金は100万だった。

 

「e-sports」の歴史

1980年〜  ファミコンがブームに
1990年〜  格闘ゲームがブームに(鉄拳・キングオブファイターズ・ストリートファイター)
2000年ごろ 「e-sports」が始まる
2015年ごろ 「e-sports」のプロ化が進む(「e-sports」に特化した学校なども)
2020年〜  コロナ禍で、オンラインを通じて、対戦が可能な「e-sports」が注目を浴びています。

 

またワンダーフレンズでは、実況生配信の設備が揃っています!
解説者、YouTuber、動画編集者を目指す方もオススメです!

選手を目指す人も!体験してみたい、
気分転換、イベントだけという人も!応援なら任せて!な人も!一緒に国体を目指しましょう!

2021.1.20