【今から気をつけよう】春の紫外線にご注意

【今から気をつけよう】春の紫外線にご注意

最近は暖かい日も増え、いよいよ春本番って感じがしますね♪
ですが春は、お肌にとってはデリケートな季節です。身体もお肌もまだ日差しに慣れておらず、赤みやかゆみなどトラブルが出やすい時期でもあります。
なので春の紫外線対策はとても大切です。春の紫外線量はなかなか強力なもの。夏まで、まだまだだからと対策を怠っていると、お肌が大変なことになってしまいます!
 

紫外線の「UVA」と「UVB」の違いとは?


紫外線は、波長の長さによってUVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)の3つに分けられます。
UVCはオゾン層に吸収されるため地表には届きません。私たちの肌に悪影響をもたらすのは、UVAとUVBの2つです。

地表に降り注ぐ紫外線の約9割を占めるのがUVA。波長が長く、雲や家の中・車の窓ガラスも透過して肌にも到達するため「生活紫外線」とも呼ばれます。
UVAを浴びると、肌はゆっくりと黒くなり、シワやたるみを引き起こします。

波長が短いのがUVB。屋外での日焼けの主な原因となるため「レジャー紫外線」とも呼ばれます。たくさん浴びてしまうとすぐに赤く炎症を起こし、メラニンをつくらせ、シミや色素沈着の原因になります。
 

シワやたるみにつながりやすいUVA、シミや炎症の原因になるUVB

このように、紫外線ダメージに負けず、健やかで美しい肌をキープするためには、UVAからもUVBからも徹底的に肌を守ることが大切だということがよくわかります!
 

紫外線対策には日焼け止めクリームを


日焼け止めでよく見かける、「SPF」や「PA」という表示。これは何を示しているかご存じですか?
UVB対策に効果的な「SPF」とUVAを防ぐには「PA」と、日焼け止めの紫外線防止効果を示す指標になっています。

*今回は「PA」の右上についている「+」について説明します。

PAの+数 UVA防止効果
PA+ UVA防止効果がある
PA++ UVA防止効果がかなりある
PA+++ UVA防止効果が非常にある
PA+++ UVA防止効果が極めて高い

お出かけシーンや用途に合わせて効果の度合いを使い分けすると良いそうです。
 

紫外線を浴びてしまったときには


活性酵素を取り除く「抗酸化作用」のあるビタミンA・C・Eを積極的に取りましょう!
「抗酸化作用」については過去ブログの「アンチエイジングのすゝめ」にも書いています♪

コロナ禍で、なかなかお花見やお出かけをしづらい毎日ですが、紫外線対策を行い、家の近所や職場のまわりなど少し散策してみると気分転換になりますね♪

2021.3.25