「リボベジ」でステイホームも楽しく♪

「リボベジ」でステイホームも楽しく♪

皆さんは「リボベジ」をご存知ですか??

「リボベジ」とは?

「リボーンベジタブル(再生野菜)」の略で、料理に使った際に出る野菜の根っこやキレ端を使って、再収穫を楽しむことです。

では、リボべジの魅力とはなんでしょうか?
 

リボべジの魅力

1.手軽に始められる

タッパーやお皿、コップ、ペットボトルなどの包装容器などを使って、手軽に始められます!
場所を取らないので、キッチンカウンターやテーブルにも並べることができます。

2.初心者でも◎

水につけておくだけで、野菜が伸びてきます。肥料は必要ないので費用もかかりません。
初心者でも気軽に楽しめます!

3.インテリアになる

種類によっては、葉っぱが観葉植物のように可愛らしく、インテリアになります。
コーナーに複数並べるとミニガーデンのようになり、見た目でも楽しむことができます!

4.食費の節約

捨ててしまうはずのヘタや、食べ終わったあとの豆苗を水に浸けておくだけで、また収穫することができます!
豆苗などは2回収穫(多い方で5回)できます。

基本水につけておくだけで育っていきます(水耕栽培)が、さらに根っこが出てきたら、土に植え替えたりしても◎(※虫害に注意が必要です)
 

リボベジしやすい野菜


初心者はまずは葉物がオススメです!さらに楽しみたい方は、アボカドの種やキャベツの芯などに挑戦してみるのもいいかもしれません!

  1. 豆苗(まずはこれから!)
  2. 水菜
  3. 小松菜
  4. 長ネギ(便利さナンバーワン!)
  5. 三つ葉
  6. セリ
  7. セロリ
  8. 青梗菜(チンゲンサイ)
  9. 人参(見た目がかわいい)
  10. 大根
  11. バジル
  12. パクチー(見た目がオシャレ)
  13. クレソン
  14. ミント

 

リボベジのコツ

  • こまめに水換え(ぬめりや藻などがあれば取り除く※異臭やカビが生えたら廃棄しましょう)
  • 水を適量に(容器に入れる水は薄く張る程度でok)
  • 日当たりの良い場所に置く(ただし直射日光は×)

「リボベジ」をすることによって、生ゴミを減らすこともできたりとエコにもつながります。
また野菜が育っていく過程も楽しめたり、緑を眺めているだけで心も癒やされます。
自分が育てた野菜を調理することにより、食べる楽しみも増えますね♪
コロナ禍でおうち時間が増えた方など、挑戦してみてはいかがでしょうか?

2021.1.27